ケンチク

牛久大仏に見守られながら一級建築士やってます。

ひたち野うしく中学校

先日、ひたち野うしく中学校の見学会が開催された為、行ってきました。

 

計画の時から、中学校なのに木造平家という構造に興味津々で、見学会が開催されるのを楽しみにしていました。

 

まず建物概要は下記の通りです。

 

ひたち野うしく中学校

設計監理:久米設計

施工  :株木・塚原JV

面積  :校舎  6,057m2

                 体育館 1,854m2

      その他 2,158m2

(この面積を平家で計画ってすごい。。。)

 

平面は中心にメインの動線+人が集まる空間(メディアライブラリーや多目的室)があり、そこから、両サイドに普通教室や特別教室、事務室が中庭を挟みながら展開していくという構成です。

平家の学校建築ではよく見る構成ですが、実際に体感するのは初めてでした。

屋根散水をしていたこともあってか、中庭に面した廊下は空調せずとも気持ちいい風が通り、夏の暑さから開放される場となっています。

あとは、どの教室からも外部と地上で繋がっているというのは、快適な落ち着く場になっていたと思います。

室内は木が多用されていて、適度に落ち着き活動的になるような空間になっていました。

床のフローリングは無垢材。(学校で無垢材って予算や管理上、なかなか最近は使えません。)

特別教室棟の廊下はとても広く、授業以外の多目的な使い方がされることが予想されます。

室内空間にゆとりがあって、生徒たちにとって、なかなかいい環境だなと感じました。

 

少しこうだったらと感じた点が、一番南側の教室の外部にもバッファゾーンを設けた上で、外部動線を構成した方が良かったかなと思います。

あとは特別教室棟の廊下に面した壁面は建具で開放できるようにした方が、より多用途な使い方に対応できたんじゃないかなと思います。(音の問題がある為、一概には言えませんが。。)

 

一番残念だと思ったのが、屋根付き広場。

イメージでは豊かな空間が広がっているような写真が掲載されていた為、楽しみにしていたのですが、なんとなく閉じ過ぎていること。

地面がただのアスファルト舗装ということがあり、ただの屋根がついた広い屋外空間という印象が強かったです。

使い方によっては色々と展開できるので、使用者側の工夫で、活用しきれればとてもいい空間だとは思いますが、もう少し設を工夫してあげても良かった気がします。

 

こんな感じですが、最後に写真を何枚か掲載します。

f:id:n-arc-office:20200813092623j:plain

外観

f:id:n-arc-office:20200813092657j:plain

メディアライブラリー

f:id:n-arc-office:20200813092738j:plain

屋根付き広場

f:id:n-arc-office:20200813092817j:plain

特別教室棟

f:id:n-arc-office:20200813092851j:plain

外観2

f:id:n-arc-office:20200813092922j:plain

外観3

 

f:id:n-arc-office:20200813092950j:plain

体育館

 最後に、牛久市役所の皆様、こんな状況の中、休日にも関わらず見学の場を提供していただきありがとうございました。

 

take

素敵な技術

先日の現場で用意されていた化粧材です。

f:id:n-arc-office:20200802111456j:plain

化粧材1

別々の素材を一つに見えるようにくっつけています。

断面を見るとこんな感じ。

f:id:n-arc-office:20200802111556j:plain

断面

これを同じ材料でやると、本当に一体の材料に見えるようです。

 

この現場の大工さんは本当に上手です。

何も言わなくても、綺麗に見えるように納めてくれます。

サッシの枠も何も打合せをしていませんでしたが、シャクってくれました。

f:id:n-arc-office:20200802111833j:plain

サッシ枠

写真では分かりにくいかもしれませんが、サッシのアングル(金属の部分)の形に合わせて、木枠を加工してくれています。

大体、打合せか図面で指定しなければやってくれないのですが、打合せもなく加工してくれていました。

 

こういった技術がこれからも継承されていけばいいなと思いながら、いつも細かな納まりの図面を書きます。

やってくれるかどうかは、その現場次第ですが、一生懸命伝えて、上手に納ったら職人さんを称えてあげて、なるべく新しいことや綺麗になるだろうことにチャレンジする現場の雰囲気を作っていけらいいなと思いながら現場監理をしています。

 

なるべく、フラットな環境でお互いを尊重し合いながら、話し合って建築が出来ていく。

そんな現場が理想です。

 

とはいえ、独立をしたので、これから先は教えることや、伝えることが大事になってくることが多々あるだろうと思っています。

 

相談ではなく、教えること・伝えること。

 

この力を鍛えるために、資格学校の製図の講師をはじめました。

10月の一級建築士試験までの補助的な立場ですが。。

 

試験までの間は、休み無しにはなりますが、生徒の為にも、自分の為にも一生懸命やっていこうと思います。

 

take

 

バタバタバタ

どういう事だ。。。

独立したては仕事がなく、ゆっくりと自分と向き合うのではないか。。

 

以前所属していた事務所から下請けという形で仕事をもらっているからか、毎日がバタバタと過ぎていきます。

一人で事務所を運営するという事は、仕事だけでなく色々と雑務がついて周り、本当にバタバタしています。

 

改修の現場は規模がまぁまぁ大きいからか、定例後の宿題は多めで、小さな現場は細かな納まりにこだわりたいから、現場打合せが増える。

 

雇われていた頃よりも忙しい気がする。。

 

という訳で、最近の現場の写真をアップします。

 

まずは、大規模改修。

こんなに壊していいのかというくらい壊して綺麗にします。

f:id:n-arc-office:20200721213311j:plain

解体配管やりかえ

そして、目玉のルーバーはモックアップで確認しました。

原寸大模型です。

f:id:n-arc-office:20200721213454j:plain

ルーバー

重機が手配できなかった為、残念ながら立ててくれませんでした。。

 

子育て支援センターは、内部の天井が貼り上がってます。

大工の腕が良すぎて、ボード専門の内装屋に見せてあげたくなります。

f:id:n-arc-office:20200721213720j:plain

子育て支援

 

ちなみに近所には、隈研吾設計の小さな建物があります。

f:id:n-arc-office:20200721213851j:plain

モンテネグロ

負けてられるか!!

といつも思っています。

 

その他に、細かな仕事を知り合いから頼まれ、なんだかんだ忙しくさせてもらっています。

早く自分の事務所での仕事がしたいと思いながら、少しずつ独立した事を広めていっています。

コロナがあるから、挨拶回りを少し控え気味ですが、少しずつ行ってます。

 

忙しい中の休日の一コマ。

f:id:n-arc-office:20200721214031j:plain

大庇下

外部の大庇下の空間はとても心地が良いです。

自分を信じて、高さを抑えてよかった!

でも、大きい車が来た時は、いつもドキドキです。。。

 

天井の高さだけで、空間の質が変わるから、面白いけど、最後まで悩み続けるしかないの建築ですね!

多分、VRでも空間の質は読み取れないんじゃないかなと思っています。

経験の積み重ねが豊かな空間を生み出すので、これからの設計にも自宅の良い空間は生かしていきます。

 

自分の良いと思っている環境で育つ息子たちが成長して、建築やったら一瞬で抜かれるんだろうなと思います。。。

それが、人生の繋がりってやつですね!

 

take

 

 

 

定期講習

今日は一級建築士の定期講習でした。

 

f:id:n-arc-office:20200709221729j:plain

定期講習

一級建築士で業務をする場合は3年に一度、朝9時から夕方5時くらいまでの講習を受けなければなりません。

今回はコロナの影響で、本来ならば3月に受けるはずだった講習がようやく開催された為、受講してきました。

 

内容は法改正のことや、倫理的なこと、新しい技術のこと等々。

3年前に受けたときは、6年前に受けた時からあまり変わっていないなという印象だったのですが、今回は内容がだいぶ違うなと感じました。

実務上も感じていましたが、この3年間で建築業界は大きく変わった様です。

 

法規に関しても、既存建物を利用した増築や用途変更に対応できる様な法が整備されたり、建物は木造がすごい勢いで増えてきたり、省エネに関して厳しくなったり等々。

社会的な問題を解決していく為に、色々と整備されている様です。

 

世の中的には素晴らしい事で、どんどん進めていくべき事だと思います。

しかし、変わることが多くなる程、学ぶ事が増える為、結構大変です。

実際、設計をしていると、新しい材料も増えてきたり、新しい技術も増えてきたりと、学ぶ事しかない様な状況が続きます。

そこに、この法改正などが加わってくると、当然知っていなければいけない知識が膨大な量になります。。

 

試験に合格した時には、やっと勉強地獄から解放される!と思っていたのに、勉強地獄はずっと続く様です。。。

 

 

あと、ようやく名刺ができました。

f:id:n-arc-office:20200709223505j:plain

名刺

とにかく名前を覚えてもらうために、名前大きめです。

偶然にも、名刺と同時に事務所登録が完了したという通知も届き、ようやく本格的に業務ができる体制が整いました。

 

監理の仕事ばかりなので、設計がしたい今日この頃。。。

講習中も、休憩時間にスケッチ書いてました。

なんだか良いものできそうです。(施主がいればですが。。)

 

take

 

完成しました

前回の記事で書いた机が完成しました。

 

f:id:n-arc-office:20200701172809j:plain

 

作業スペースがとても広い為、便利です。

いくらでも物を置くスペースがある為、油断するとチェック用書類で埋もれてしまいそうです。

なるべく、綺麗に整頓する事を心がけて使っていきたいと思います。

 

ちなみにラワンランバーの木口は1mm厚のヒノキを貼りました。

模型で使ったりする材料なので、カッターで切れるし、ボンドで貼れるという、便利な材料です。

模型しか作ったことのない素人にはうってつけですね。

 

唯一の難点は天板の規格サイズが1820mm、ヒノキの規格サイズが900mmと微妙に合いません。

そこで、購入するときに何本も並べて、なるべく木目がつながる様にしました。

※建築の現場でいう展開検査ってやつです。

近くで見ない限りは中々綺麗に仕上がったと思います。

近くで見なければですが。。

 

使ってみた感想としては、ラワンでも特に問題ないかなというのが率直な感想です。

多少たわみがありますが、裏面に補強でも入れれば問題ないと思います。

表面も塗装してしまえば、ささくれなどは特に出てこないと思います。

ただ、塗装して乾燥したあとに、ペーパーをかけないと表面が滑らかになりませんでした。

 

IKEAの脚は、組立も簡単で見た目もすごくいいと思います。

固定せずに載せるだけという製品なので、別途天板と脚を固定する必要はあると思いますが、普通の使い方であれば、固定しなくても使っていけそうです。

 

こんな感じで、素人の机製作が完了しました。

仕事のスペースとしてこれから随時改良していきたいと思います!

 

 

 

 

本当は、現場で製作したリノリウムの天板が欲しかったな。。。

 

take

 

 

 

 

造っています

自宅で仕事をするようになって、約3ヶ月。

実は妻の仕事部屋を間借りしていました。

 

コロナの影響で、使われなかった妻の仕事部屋。

コロナが落ち着いてきたことにより、どうやらまた使い始める様です。。。

 

そこで、将来主寝室として使う部屋が空いている為、その部屋を仕事部屋とすることにしました。

 

当初の予定では、妻の仕事部屋を共同で使う予定だった為、主寝室は仕事を想定した作りにはしていませんでした。

机の配置や照明計画も仕事をする様には検討していない部屋です。

さて、どうしようか。。。

 

とにかく、机を何とかしなければと思い、色々と悩み苦しみ、調べ尽くした結果、造ることにしました。

 

造ると言っても、製作用の道具が全然揃っていない環境でいかに安く造るかという事を考え抜いた結果、天板はラワンランバーを塗装して、机の脚はIKEAで購入することにしました。

 

正直、天板はせめてシナランバーにしたいところでしたが、安さにひかれてラワンにしました。

きっと塗装すれば大丈夫!

そう自分に言い聞かせて、ジョイフル本田で購入andカット!

そして、つや消しの水性塗料で塗装した結果、特大の天板が完成しました。

f:id:n-arc-office:20200626203235j:plain

天板

ちなみに塗装していない部分は、塗装した特大のコルクを貼ります。

(コルクは以前担当した現場で取り寄せ、捨てる予定だったものをもらいました。)

 

コルクを貼る理由としては、カッターマットの代わりとして使用できないかという実験のためです。

ダメだったら、大人しくA1のカッターマットを買います。

 

そして、机の脚ですが色々と調べた結果、IKEAのレールベリという商品が驚くほど安く、見た目が良さそうということが分かった為、オンラインショップで即注文!

6月28日に届く予定ですので、完成したら机の完成写真をアップしたいと思います。

※天板の小口処理をどうするかが決まっていませんが、カッターで切れるもので何とか上手く処理する予定です。

 

こんな感じで、今の所はカッターくらいしか扱えない素人でも机が造れそうです。

 

いい世の中になったなぁ。。。

 

(振り返ると、共同の仕事部屋だったはずなのに、追い出されてしまうとは。。。。)

 

take

 

 

 

 

 

板金打合せ

以前の記事で紹介した、小さな建築が上棟しました。

子供の施設ということもあり、出来る限り軒高を抑え、出来る限り小さな子供寄り添える様な建築としています。

f:id:n-arc-office:20200617224918j:plain

軸組

組み上がったボリュームを見る限り、とても良い感じで、この時点でよく出来たと思ってしまいます。

 

そんな中、上棟後早い段階で始まる板金工事の打ち合わせを行いました。

今回の建築は屋根、外壁共にガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺です。

ここまで軒高を抑え、コンパクトにしていると板金の納まりが建物のクオリティに直結します。

板金屋さんの腕次第で、建物の良し悪しが決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

そんな重要な役割を担う板金屋さんは、とても若い方でした。

打ち合わせでは、屋根と外壁の縦ハゼを連続させたい事、キャップなどを使わずに納めて欲しい事を伝えると、難しいやできないなどとは一言も言わずに「分かりました。」とだけ返事をいただきました。

これは、上手な板金屋さんだと、直感的に感じた為、仕上がりを楽しみにしていますとだけ伝え、打ち合わせを終えました。

 

あの、最後の微笑は自信満々の表情だったな。。。

きっと、とても綺麗に納めてくれると思ったので、場合によっては送ろうと思っていた、事例の写真も送らずに、任せることにしました。

多分、以前やった納まりよりも良くなる気がしたので。

 

今から、板金工事が楽しみで仕方がありません!

綺麗にできたら、また報告します!

 

take